気になるいぼは治療で改善!【液体窒素療法が多く採用】

移るものと移らないもの

看護師

感染性のものは早めに対処

免疫が落ちるとウイルスに感染しやすくなりますが、ヒトパピローマウイルスに角化細胞が感染すると分裂速度が速まり、表皮が分厚くなっていぼが現れます。感染経路は小さな傷口で、プールや公衆浴場から広まることが多いです。様々あるウイルスの型によって、体に現れる場所が違います。魚の目やタコに似ていることがあるものの、表皮の肥厚化であるいぼに対して、魚の目やタコは角質層の肥厚化です。ですから、削っても点状出血痕は出てきません。ウイルス性の場合は感染した部位で増殖し続けるために、大きくなったり他の部位に飛び火したりします。自身の免疫でウイルスを死滅させる、もしくは追い出すことは可能ですが、治療せずに難治性に陥っている人も一定数いるといわれています。それから、ウイスルのせいではなく、加齢によって出てくるものもいくつか種類があります。ターンオーバーが遅くなり要らない角質の排出が進まないと、いぼとなって現れてくるのです。また、シミから変化することもあります。どの部位にも出る可能性があるものの、出てきやすいのは紫外線や摩擦などの刺激に晒されやすい首や顔です。無数に出てくるものは軟性線維腫で、1、2mmほどの少し膨らみがあるものがアクロコルドン、それより出っ張っているのがスキンタッグと呼ばれます。ウイルス性と違い、特に治療は必要ありません。ウイルス性のいぼは、放置すると中々治らなくなりますし、人にも移してしまうので治療が必要です。皮膚科や形成外科、美容外科など、様々なクリニックで治療が可能です。多くの皮膚科では、液体窒素で病変部を凍らせてウイルスを死滅させるという液体窒素療法が行われています。ただ、一度に死滅させることは非常に難しく、何ヶ月かにわたって通院する必要があります。また、処置時の痛みが強い点や完治しない可能性がある点などがいまひとつです。それよりも、レーザー治療のほうが効果的だとしている医師もいます。色々あるレーザー機器の中でも、いぼ治療に用いられているのは炭酸ガスレーザーです。水分の多い病変部にピンポイントで照射してくれるので、健康な皮膚を傷付けることなく、いぼだけ蒸散させることが可能です。1回の治療で終わる場合もあるため、心身ともに、また金銭的にも負担の少ない方法といえます。炭酸ガスレーザーは老人性いぼにも大変効果的です。色素沈着して痕が残る場合もありますが、美容的に気になる場合はいぼがなくなるほうがメリットは大きいかもしれません。また、多発しているスキンタッグなどでは、取り放題コースを用意している美容クリニックを探してみるのも一つの方法です。

Copyright© 2018 気になるいぼは治療で改善!【液体窒素療法が多く採用】 All Rights Reserved.