気になるいぼは治療で改善!【液体窒素療法が多く採用】

美容的にも気になる腫瘍

カウンセリング

美容クリニックは予約を

出っ張りの大きないぼになると、日常生活で擦れたり、人との会話中に視線が向くのが気になったりすることはしばしばあります。それがウイルス性のものだと、増えていくことに恐れを抱く人もいるでしょう。老人性のいぼであっても、大きくなるケースや増えていくケースは少なくないです。どちらにせよ早めの治療が安心です。治療法は多種多様なものの、人気が高いのはレーザー治療です。一般的にレーザーは保険適用外ですが、クリニックによっては適用されます。レーザーは炭酸ガスレーザーが適当とされ、ウイルス性、老人性いずれも除去可能です。このレーザーは、いぼに多く含まれる水分に対して熱を生み出し、一瞬で破裂させます。局所麻酔をする時間が必要ですが、レーザーでの処置自体にかかる時間は、1ヵ所数分程度です。保険適用内治療で主流だった液体窒素療法と比べると、処置時間もさることながら処置が一度で済むところが大きな魅力です。また、局所麻酔をするために痛みがほとんどない点も評価されています。除去後は傷痕が残りやすい傾向にあるものの、液体窒素よりも残らない可能性があります。なお、除去後に皮膚が乾燥した後は敏感になっているので、紫外線対策を万全にすると色素沈着が起こりにくいです。皮膚科が中心となって行っていたいぼ治療は、美容クリニックでも導入されるようになりました。美容的にいぼを気にしている人が多いことが想像できます。基本的に皮膚科や形成外科は予約をしないで受診しますが、美容外科や美容皮膚科は予約制にしているところが多いです。電話などで予約を入れると、初診はカウンセリングと称して、医師が患者から悩みや相談ごとなどをヒアリングします。そしていぼの状態を見て、何も問題ないようであれば当日にでも処置を行います。自由診療の場合は費用などについてしっかりと説明を受けてから、治療するかどうか決めることが可能です。自由診療の費用はクリニックによって違うので、他のクリニックと比較検討してもいいでしょう。後日にレーザー施術を受ける場合は、再度予約を入れ直します。レーザーは一度の施術で終わるのが普通ではあるものの、ウイルス性の場合は根が深くて除去しきれない可能性もあります。その場合は根絶するまでレーザーを当てることが必要です。足の裏にでき、病変部が埋もれて硬くなってしまったいぼなどは除去するのが大変なので、治療経験が豊富な医師に相談するといいかもしれません。中々治らないケースでは、メスでの切開を選択されることもあります。

Copyright© 2018 気になるいぼは治療で改善!【液体窒素療法が多く採用】 All Rights Reserved.